Four Winds

chinacats.exblog.jp ブログトップ

86-12-17




このデッドは良い!
この動画は「カンバーランド」からスタートさせましたが、この時の会場はダンス大会!そして次の曲もダンスの波。そしてジェリー節へ。歌も良いしギターも滑らかだ。

ジェリー復活の12月のオークランドコロシアム。ジェリーがとっても良い演奏と歌を披露。会場は大喜び。
1986年はとっても印象深い思い出の年なのです。


.


[PR]
# by blue_jade | 2017-12-16 21:02 | Comments(0)

くん炭作り

e0126861_23021178.jpeg

今日は伸び伸びになっていたくん炭作りをしました。くん炭とはもみ殻を燃やして作るのですが、灰にしてしまっては意味はなく、その前の炭の状態で水をかけて止めるのです。

特に切り返してから10分くらいで終わりにするのですが、今日は上手くいきました。あと少し経ってから、くん炭を広げて水をかけて終わりです。
e0126861_23030741.jpeg



e0126861_23033201.jpeg

くん炭作りの楽しみは焼き芋。これが実に上手く出来るのです。ゆっくり火が入っていくと美味しい焼き芋になります。電子レンジで作るよりも、蒸して作るよりも、焼いて食べるのが1番美味しいです。
サツマイモも今年の夏に収穫したもので、甘さを熟成させるために貯蔵していたものです。この芋を焼くと写真の様なトロトロが出来ます。


今日は身体中が煙臭くなったくん炭作りでしたが、このくん炭は畑に役立ちます。微生物を殺すと言われている苦土石灰は使わず、このくん炭を撒くことで、ある程度の酸性土壌を中和させると言われています。なので、昨年も今年も、畑を耕す時にはくん炭を土に混ぜています。


【くん炭作りの注意点】
・煙がすごいので近隣になるべく迷惑がかからない広いところで作ること。
・水をかけてもくん炭はなかなか消えない。消えたと思っても しばらくすると再び燃え始める事が多いので、火事に注意すること。




.

[PR]
# by blue_jade | 2017-12-14 23:14 | Comments(0)

Deadheads Festival ♯3

あらためて聴くとTom Constanten、いいですね。きちんと配慮、熟考された上でのインプロビゼーションという感じです。やさしい人なんですね。
こうしてビデオで改めて見ると、当時見落としていた部分が見えてくる感じがします。
このフェスが行われた当時は、もっとデッドと同じ(似た)バンド演奏を求めていた気がしますが、20年経ってあらためて聞くと、もし、このフェスが今あったとしたら、あの当時とは違う感動があったように思います。

20年前のこの企画、少し早すぎたような気がします。今やれば集客も感動も当時よりも多かったのではないかと思います。




.

[PR]
# by blue_jade | 2017-12-12 22:14 | Comments(0)

Deadheads Festival ♯2

(私は結構頻繁に書いた事を変えます。どこが変わったか分からないと思いますが、自分の記録用のつもりで修正する事が多いです。なのでPCの画面をリロードをしてくれると最新になります)

1997年DeadHeads Festival
今は2017年だから、あっという間の20年間。早いなあ。

母が以前 私に言った事が、今しみじみ思う。
母「歳をとればとるほど、もっと一年が早くなるよ」だった。そうか、ジジババになっていくに従い、もっと時が早く過ぎていくのは避けられないのか。覚悟だなあ。

下の動画。リック・ダンコがインタビューで「(ジェリーに) もうすぐ会えるさ」と言っている。彼の予見していたかのような言葉が今となっては心に残る。
ジョン ドーソンもこの後患ってメキシコに行って亡くなった、と どこかで読んだ。

YouTubeにある「デッドヘッズフェスティバル」は、各ミュージシャン毎にアップされているが、アクセス数が群を抜いて高いのはリック・ダンコだった。バンドファンも会場には結構いたかもしれない。
(アクセス数 リックダンコが3300、NRPSは100も行かない)

,

[PR]
# by blue_jade | 2017-12-11 23:57 | Comments(0)

Deadheads Festival ♯1

最近、マールとジェリーのライブ音源を聴いている。そのインプロのスリリングさは実に素晴らしい。それでマールのことを考えていたら、20年前に来日した時のことを思い出したという訳なのです。

今から20年前の1997年、デッドヘッズフェスティバルというジェリー追悼のイベントがあった。あの当時は物足りない感じを受けた人も多いと思うが、今、考えると凄いメンバーを来日させたと改めて思う。

トム・コンスタンチン、リック・ダンコ、ジョン・ドーソン、マール・サンダース。大物4人プラス各バンドの大人数を来日させた主催者のサイトウタモツ氏は、あの小屋のキャパではたぶん大赤字だったに違いない。

当時、私は自分のHPを通じて斎藤氏と知り合い、会場では特別にレール内のステージの間近で写真を撮ることを許可されていたので良い写真を撮ることができた。(以下、一眼レフで撮影)

e0126861_21004522.jpg



e0126861_21005258.jpg


e0126861_21005860.jpg


e0126861_21010528.jpg


もう、リック・ダンコもジョン・ドーソンも亡くなってしまった。

e0126861_21112516.jpg
静岡のデッドヘッズたちが作ったオリジナルポスター。









.


[PR]
# by blue_jade | 2017-12-11 00:08 | Comments(0)
line

徒然日記(音楽、鬱、ペット.介護、etc)


by blue_jade
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite