Four Winds

chinacats.exblog.jp ブログトップ

髭づら

今夜は窓を閉めないと寒いくらいの気候だ。地球の気候はどうなっていくんだろう?

さて、、男性だったら誰でも若い時には髭面になったことがあるだろう。私もそうだったし、多くのデッド好きはおおかれすくなかれ髭面だった(今でも)だろう。

数日前にグレン・キャンベルが亡くなったというニュースが入ってきた。僕はグレン・キャンベルやアン・マレーとか正統派のカントリー系のミュージシャンが好きだったので、よく聴いていたという記憶がある。そのグレン・キャンベルが髭面なのだ。

↓この動画は若いときのグレン・キャンベルの歌とギターのソロプレイが冴える映像だ。そして驚いたことに最初に紹介している髭面の男は、なんと「Buck Owens」ではないか!時代だなあ。



最近はちょっとだけデッドやJGBを聴いたが、最近は一年のうちに数時間も聴かなくなってきたかもしれない。実は多くの古いデッドファンは同じだと思う。今でもガンガン聴きまくっているなんていう古いデッドファンは多くはない

ジェリーが死んで20数年も経っているのだから、心の中の変化は当然でしょ。こっちだって生きているんだから昔のように聴けなくなったとか嘆くことはない。

本当に稲妻が入っている人は、必ず深いところで死んでも取れない何かが入っているはずだ。それが生きていく様々な荒波や困難や時間の中に埋没してしまいそうでも、そんなのは一時のもの。

そういうときもあっていい。そのうち必ず深いところからニョキニョキとデッドやジェリーが湧き上がってくる。何も焦ることはない。

昔髭面、今は髭なし。でも同じ人でしょ。それと同じ。

.



[PR]
by blue_jade | 2017-08-11 20:14 | Comments(0)
line

徒然日記(音楽、鬱、ペット.介護、etc)


by blue_jade
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite