Four Winds

chinacats.exblog.jp ブログトップ

長兄の介護

明日まで東京から長兄が来て母の介護をしてくれている。その間、私は少しの休憩が出来る。
e0126861_22293072.png



.




[PR]
# by blue_jade | 2018-01-20 22:29 | Comments(0)

雨と神経痛

昨日からの大雨で久しぶりのお湿り。
ところが右足がえらく痛む。どうやらこの雨と関係があるのかもしれない。雨の日に神経痛が痛むと聞いたことがあるが、これがそうか!とこの歳になって初めて分かった。

あと蛇足だが、帯状疱疹になってから一切性欲がなくなった。もう3ヶ月近く経つ。これはとっても楽である。こんな境地になれるのはありがたいと思う。それだけ身体へのダメージが強くて回復に時間がかかっているということだろう。

今日はえらく足が痛む。梅雨の時はもっと痛くなるのかなあ。

@母の薬をもらいに病院の待合室にて

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180118-00010000-kansenshov-hlth


.

[PR]
# by blue_jade | 2018-01-18 09:31 | Comments(0)

ブロック注射の日

今日はブロック注射を打ちに病院へ通院する日でした。
麻酔を脊髄の神経に打って痛みの通路を遮断する治療法なので、注射したあとは安静にする必要があります。無理に立ち歩こうとすると転倒するくらいふらつきます。

問診を済ませベッドに横になり注射を打ちます。その後は麻酔の効きを感じながら痛みが消えていくことを自覚しつつ、温かいベッドの中でウトウトするのです。そんな中で聴こえてくるのが他の患者さんと先生の会話なのですが、その多くが帯状疱疹の話なのです。

ドクター「もう帯状疱疹やってから3年くらいになりますか」
患者さん「ええ、もうどこにも行けないですよ。こんなに痛くなるとはねえ」
ドクター「逆に旅行などに行って他に目を向けて気にしないようにした方がいいですよ。初期にブロック注射をしていればね。」
この患者さんはレーザーを当てて温めるだけの治療をしていました。

e0126861_19543782.jpeg


今、とっても忙しい毎日なので、この時間が至福のときです。1時間くらいは寝ているでしょうか?今日は効き目が強くて病院から出ても足が少しもつれ気味でした。道路を渡ろうと思って歩いていたら、車が来たので慌てて横切ろうとしたのですが、思うように足が動かず危なかったです。

そんな神経ブロック注射の日は、息抜きができる貴重な時間になりました。

.

[PR]
# by blue_jade | 2018-01-15 19:07 | Comments(0)

介護する人と介護される人

介護する側と介護される側は同じ目線であった方が良いものが生まれそうだ。

母のオムツ交換が増えてから、母がよく眠るようになったことに気がついた。
ベテランのヘルパーさんと話していて、他の利用者さん達は母よりもっとおむつ交換が多いと教えてくれたのだ。

母の手がかかる点はトイレのことだ。トイレのたびにおむつに出すことを忘れてトイレに行こうとする。またはベッド上でもがいて、オムツをとってしまうのだ。とにかくいつものトイレのスタイルを守ろうとするのだ。でも、これは至極当然のことだろう。

母が寝る時間が以前より増えた理由の1つは、昨日から始まったそのケア・スケジュールのような気がするのだ。以前より陰部洗浄と清拭の回数が増えのだ。当然、オムツ交換を頻繁にすれば、それだけ母にとって快適な陰部の環境が続くわけだ。

昔の子どものオムツは布だった。赤ちゃんはオシッコをするたびにオムツが毎回替わるのが普通だった。これは大事なことで、手間暇かけた分だけ赤ちゃんは快適になるのだ。赤ちゃんだって老人だって誰だって漏らしたあとのパンツは毎回新しい方が気持ち良いに決まっている。

今の紙オムツは、オシッコ150ccで5回まで漏れが大丈夫とか、あくまで介護する方の視点で売らているが、介護される側の視点ももっと加えたほうがいいと思う。利用者の快適さの基準みたいなものがあっても良いかなと思う。

e0126861_02151616.png

このところ夜間は1時間も連続して寝ていなかったのだが、今夜は午前2時まで連続して寝ている。
すごい! そしてホッとする。


.



[PR]
# by blue_jade | 2018-01-14 02:07 | Comments(0)

愛犬の子犬の訃報

e0126861_23235464.jpeg

愛犬の生んだ子犬たちが、また一匹旅立ちました。
子犬といってもあと2週間で16歳なので立派な長老です。

犬の逝き方は潔いです。このワンコ(レオちゃん)は12月30日から全ての食べ物を拒否し、亡くなる前日からは水も飲まなくなったそうです。そして1月6日に旅立ちました。

16年も一緒に暮らした家族です。しばらくは家族の心に大きな喪失感が残るでしょう。

ワンコは最後まで家で過ごせるのに、人間は家で亡くなる割合は少ないです。人間は病院や施設での最後がほとんどだそうです。

今の私には、ただのワンコの訃報には受け止められないです。いろいろと考えさせられます。

.



[PR]
# by blue_jade | 2018-01-12 23:36 | Comments(0)
line

徒然日記(音楽、鬱、ペット.介護、etc)


by blue_jade
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite