Four Winds

chinacats.exblog.jp ブログトップ

Goodrichのボリュームペダル

 買って一年も経ってないGood Richのボリュームペダルのガリがまた出てきた。ギター弾きには「竹中正義モデル(旧型)」で有名だ。アメリカではPSG弾きの多くのミュージシャンが使っているものでもある。
 実は買ってすぐに異音がしたため、輸入元のモリダイラ楽器に送ったのだが、今日、自分で分解してみて驚いた。もともとアランブラッドレーのポットが欲しかったのだが、ないということでクラロスタットの同じ音曲線が出るものと交換してあるはずだった。しかし分解してみると異なるポットで良く見ると形状も異なっていた。ひどい話だ。
 すぐに苦情の電話を入れようと思ったが、すでに五時を過ぎていたし、三連休でもあり、そんな会社にまた出す気がせずに結局自分で治すことにした。
 ボリュームペダルの中に入っているポットをはずし、それを分解して中の汚れを油でふき取った。その後、接点潤滑剤も軽くかけて組み立てなおして、ヒモを結んで音の伸びを確かめた。(グッドリッチは紐でボリュームを可変する)するとガリ音もなくなり、すこぶる調子がよくなった。ただモリダイラ楽器のポットの取り付け方が無理やりという感じで、これでは古くなって売るときにオークションにも出せない。

 ちなみにオークションでグッドリッチを2つ買ったが、いずれも使い物にならなかったので、中身のポットだけ交換して格安でオークションで売った。ペダルスティールにとってはボリュームペダルはとても大切なものだから、好みの音曲線がでるポットには神経を使った。やはり信頼できる店で新品を買ったほうがいいと思った。

 分解中に配線が切れてしまったため、ハンダごてで修理した。すべてが終わったとき僕はとても疲れていて、帰宅したパートナーに「エッジを越えた顔してるわよ」と言われた。どうも職人のように夢中になってしまう気質がうつ病を招いたのかもしれない。でも、お店に出せば7000円くらい取られるガリの修理だが、その分浮いて助かった。

 楽器の修理は少しは上手になったが、肝心の演奏技術の方はさっぱりだ。
日本では千田さん、田村さん、駒沢さんなど、新しいタイプのPSG奏者がいて、とっても参考になる。(カントリー系ではない)特にミクシにぺダルスティールのコミュを持っている田村さんは、ロンサム・ストリングスとリトルテンポというユニークなバンドで活躍している。質問などをしても実に親切に答えてくださる。
 ロンサムのバンジョーの原さんは、先月9/3に亡くなった中村十兵衛さんともトイメンシャオというバンドで一緒に演奏していた。そこに千田さんのスティールが入ったりしていた。どのPSGも実にユニークで個性的で新しい。カントリー一辺倒の人は一度聴いてみるといいかもしれない。
e0126861_893451.jpg
 
[PR]
# by blue_jade | 2007-10-05 22:09 | Comments(0)

SSRI

 ドクターにも朝早く起きて、夜も早く寝てリズムを壊さないようにアドバイスされているので、7時前には起きるようにしているが、調子が悪い今日のような日はどうしても起きられない。今日は12時過ぎにやっと起床できた。
 薬はSSRI系のパキシルを最初服用していたが、副作用がひどいので、今はデプロメールに変えている。また常時メイラックスと漢方薬(三種)を飲んでいる。一度部屋でそのまま倒れてしまったことがあったり(全身打撲)、職場でも動けなくなって救急車を呼ぼうという騒ぎになったこともあった。
 でも、今は大きな副作用はなくなっている。このほかに頓服用としてソラナックスなどの抗不安薬も、動悸が激しくなる人中に出かけるときは飲んでいく。
 この1年9ヶ月、一日たりとも薬を飲まなかった日はないが、それでも減薬どころか薬の量は少し増えている。しかし、薬をきちんと飲んでさえいれば、特に大きく日常生活で困るようなことはなくなってきた。(今日のように起きられないときもあるけれど・・・)

 夜は薬を飲んでから床に入るので、すぐに寝ることができる。
 今はロス・ノボルさんからいただいた彼のバンドのCDを聞きながら寝ることが多い。彼のバンドの音はまるでデッドそのものだ。ふらふらと演奏がはじまり、徐々にしっかりとした演奏になっていく。リードギターのおぼつかなさは、ジェリーのそれにそっくり。わざとらしさが少しもなくて自然な感じがいい。おまけにボビー役は声や歌い方がそっくり。聞いているといつのまにかデッドを聞いているような錯覚に陥っている。
 レイドバックしたデッドが見事に再現されていて気持ちがよい。最近の音楽はカチカチ、キッチリしていているので、ノボルさんのバンドの音が僕は大好きだ。

 あと良く聞くバンドは、のデビッド・ネルソン(71歳)のバンドだ。NRPSとは少し異なり、即興が多く、フィルのもとで演奏していたバリー・スレスが縦横無尽にギターやPSGを演奏しているのがいい。

↓は最近の映像でIko Ikoの面白バージョンだ。
http://jp.youtube.com/watch?v=mgpN7LOG414

もうひとつ、Long Gone Sam >Sweet Melinda も。すべて今年のハワイツアーから。
http://jp.youtube.com/watch?v=U9_HIP3tD2c

最後はスレスのスティールを聴きたい人におまけ。
スレスはユニバーサル・チューニングのPSGを弾いているが、その弾きかたはジェリーのギターの弾きかたをスティールで再現しているような感じだ。ジェリーのスティールの弾きかたとはまったく異なるが、素直に耳に心地いい。

Friend of the Devil > Mexicali
http://jp.youtube.com/watch?v=t1nlhpukHIE

David Nelson- guitar vocals
Barry Sless- guitar, pedal steel
Mookie Siegel- Keyboards vocals
Pete Sears- bass
John Molo- drums

・うつ病は夕方~夜にかけて調子がよくなってくることが多いが、朝~日中はエンジンがかかってこない。そのため日中はハワイアンでボーっとしているときが多いが、仕事のある日は気合を入れて出かけています。帰宅したら数分以内に寝てしまいますが・・・。
[PR]
# by blue_jade | 2007-10-05 13:10 | Comments(0)

JerryのPedal Steel Guitar(PSG)


Teach Your Childrenのテイク
http://www.rahul.net/thinker/audio/mp3/Teach_demo2.mp3
http://www.rahul.net/thinker/audio/mp3/Teach_demo2b.mp3
実に個性的な演奏

7/12/87のJerryのPSG(ディランとの共演)
http://jp.youtube.com/watch?v=k3Eg7yvMntw
もうぐちゃぐちゃ!

ついでに、↓はNRPSのバディー・ケイジ となりでニコニコしているおっさんは、元デッドのダン・ヒーリー。
e0126861_1047561.jpg
http://jp.youtube.com/watch?v=aAln2Fs61vA
[PR]
# by blue_jade | 2007-10-04 08:54 | Comments(0)

Pedal Steel Guitar

私は10代の頃からペダルスチールの音が大好きだった。しかし、当時、ものすごく高額な値段の楽器で、貧乏学生には手が出なかった。(私は学費を自分でアルバイトで稼いでいた) その代わり10万円でバンジョーを買った。

しかし、この年(50歳過ぎ)になって若い日のあこがれを再現しようとしてハーレーを買ったりする人がいるように、私はペダルスティールギターを買った。もっとも安い部類のものだが、ボリュームペダルが二万円以上、エフェクターが輸入代も入れて四万円くらいで、付属品がけっこうかかった。

購入して一年半だが、毎日、音を聴かないと気がすまない。本当にきれいな音だと思う。和音が特にきれいだ。パートナーに「きれいな音でしょう?」と言っても「人それぞれだから・・・」と今一反応がよくない。たまにバンドで演奏をしているものの、いいのか悪いのか皆の反応がなくてわからない(笑) どうやらペダルの音をすごく好きな人と、そうでもない人とに別れるのかもしれないと最近思うようになった。
しかし、私は大好きだ。その代わり高い演奏技術を求められる。やはり10代から取り掛かるべき楽器であるとつくづく思う今日この頃である。

↓はJerry Garciaがペダルスティールギターを弾いている写真。彼のはZBというPedal Steel Guitar。二段になっていて上段がE9th,下段がC6thチューニングに分かれているが、良く見ると足元のペダルが三本しかつけられていない。つまり、上の段のE9thチューニングしか使ってなかったのだろう。この二段のペダルは滅茶苦茶重たいので、さぞ大変だったろうなあ。
e0126861_23313096.jpg
[PR]
# by blue_jade | 2007-10-03 23:31 | Comments(2)

しばらくぶり



 夏休みをはさんで、しばらく調子がよかったものの、秋の風が吹くようになってから、また元に戻ってきた感じがする。うつ病の相談相手に連絡すると「この時期はそうなりやすい」ということだった。うつの話を唯一同じ次元で聞いてくれる友人だ。同病の人がもっとも話が通じるし、慰められる。気持ちがよくわかるのだ。
 テレビでうつ病の人が涙ながらに話しているのを見ると、もう涙が止まらなくなってしまう。人の辛さが本当に伝わってくるからだろう。うつ病というのは、そのような側面を持っている。うつ病の人はやさしくなる。
 でも、もう薬漬けとあの独特のうつに入っていくときの気持ちは嫌だし辛い。しかし薬は一向に減らないし、恐くてやめられない。

 でも、たった一人でいいから、話を聞いてくれて同情してくれる人がそばにいれば、うつ病には薬よりも効果があると思う。叱責されたりすると死にたくなるほど辛いが、幸い私のパートナーはたくさんのうつ病の本を読み、勉強しているために、決して責めたりせずに実に過ごしやすくしてくれる。うつ病の相談相手も本当に力になってくれて助かっている。

 この1年10ヶ月の間に食べ物や趣味も変わってきた。体重も初期には10キロ痩せた。肉や魚はほとんど食べなくなった。趣味の音楽は優しい曲やハワイアンをすごく聴くようになった。ゆったり、のんびりした曲や心が落ち着く曲が好きになってきた。僕にとっては音楽は大切な「薬」になっている。
[PR]
# by blue_jade | 2007-10-03 15:41 | Comments(4)
line

徒然日記(音楽、鬱、ペット.介護、etc)


by blue_jade
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite