Four Winds

chinacats.exblog.jp ブログトップ

薬漬け

今まで小児用カロナール座薬だったのに、医師が変わるとオピノイド系のガン患者にも使われるトラマールが処方され、母は別人の様に変わってしまいました。同じ病院の同じ整形外科なのに。

しかも、今まで痛さに耐えて一度立ち上がれば、その後は歩いてトイレに行けたのに、今日は私がほぼ担ぐようにして往復したのです。女性のヘルパーさんではトイレ行きは無理になったので、今日は母の部屋にポータブルトイレを備えました。

骨粗しょう症による圧迫骨折は基本自宅で治すのが一般的らしく、入院できることは少ないと今日ケアマネから聞きました。治療ができない安静第一の怪我なので入院の意味がないのが理由の様です。

私が出来ることは、母には強すぎる痛み止めの処方を変えてもらうこと。整形外科の病院を当たって何とか入院できるようにすることです。

ところで入院すると「この薬を飲んで気分が悪くなったりしたら教えてください。」と言われ、何かあると薬を変えてくれます。実際私の入院中にも吐き気がした薬がありましたが、すぐにそれを言うと薬が変わりました。

しかし、外来患者には処方される薬が自分に合わなくても、それをすぐに適正に変える方法がありません。しかも、母が世話になっている介護施設の訪問看護師は、医師の処方箋は絶対で杓子定規に決まった量を飲ませるようにヘルパーに命じます。服用させた後、薬が合うかどうかなど医師にフィードバックすることもありません。母の場合はどのヘルパーが見ても「前と変わった。生気が無くなった。ふらつきがひどくなった。」などとノートに書いてあるのに、それを看護師は病院にも問い合わせません。おかしいでしょ。

明日は母のために頑張ります。

.






[PR]
by blue_jade | 2017-12-25 21:01 | Comments(0)
line

徒然日記(音楽、鬱、ペット.介護、etc)


by blue_jade
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite