Four Winds

chinacats.exblog.jp ブログトップ

介護する人と介護される人

介護する側と介護される側は同じ目線であった方が良いものが生まれそうだ。

母のオムツ交換が増えてから、母がよく眠るようになったことに気がついた。
ベテランのヘルパーさんと話していて、他の利用者さん達は母よりもっとおむつ交換が多いと教えてくれたのだ。

母の手がかかる点はトイレのことだ。トイレのたびにおむつに出すことを忘れてトイレに行こうとする。またはベッド上でもがいて、オムツをとってしまうのだ。とにかくいつものトイレのスタイルを守ろうとするのだ。でも、これは至極当然のことだろう。

母が寝る時間が以前より増えた理由の1つは、昨日から始まったそのケア・スケジュールのような気がするのだ。以前より陰部洗浄と清拭の回数が増えのだ。当然、オムツ交換を頻繁にすれば、それだけ母にとって快適な陰部の環境が続くわけだ。

昔の子どものオムツは布だった。赤ちゃんはオシッコをするたびにオムツが毎回替わるのが普通だった。これは大事なことで、手間暇かけた分だけ赤ちゃんは快適になるのだ。赤ちゃんだって老人だって誰だって漏らしたあとのパンツは毎回新しい方が気持ち良いに決まっている。

今の紙オムツは、オシッコ150ccで5回まで漏れが大丈夫とか、あくまで介護する方の視点で売らているが、介護される側の視点ももっと加えたほうがいいと思う。利用者の快適さの基準みたいなものがあっても良いかなと思う。

e0126861_02151616.png

このところ夜間は1時間も連続して寝ていなかったのだが、今夜は午前2時まで連続して寝ている。
すごい! そしてホッとする。


.



[PR]
by blue_jade | 2018-01-14 02:07 | Comments(0)
line

徒然日記(音楽、鬱、ペット.介護、etc)


by blue_jade
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite