Four Winds

chinacats.exblog.jp ブログトップ

大豆の刈り取り

今日は朝から夕方まで大豆を刈り取った。かなりのハードワークだった。金曜日に脱粒機を使って一気に脱粒する予定だが、金曜日は1人での作業のために人手がある今のうちに刈り取りをやり終える必要があった。

3人で作業をしたが大豆の出来が良すぎて根の張りが凄かった。手で引っ張っても抜けないほどだった。おまけに根を切る手間が加わった。理由は根を切らないと脱粒機には良くないとのことで一手間増えたわけだ。でも、他の生産者は根っこのまま入れているようだが、ヒョロヒョロの茎と根っこだから構わず機械に入れているようだ。

今年の反省、写真の大豆の山が三つも出来た。明らかに作りすぎだ。来年は今年の半分くらいに耕作面積を減らそう。そして二本植えはやめて一本植えで収穫の時に抜けやすい様に細い大豆を作ろう。ついつい多めに作ってしまうのが、後で苦労することになるのだ。

明日はトラクターをかけて小麦播種の準備をする。結構忙しい日々が続く。大型機械を使うので注意も必要だ。トラクターや農業機械の怪我や死亡事故の割合は、車の事故よりも割合が多いらしいのだ。安全第一で行こう。
e0126861_13404570.jpeg
畑には屋根がある倉庫が無いので、テントに中に大豆を入れて金曜日まで保管する。


[PR]
# by blue_jade | 2018-11-25 17:05 | Comments(0)

秋蕎麦の収穫

台風で思いっきり倒されてしまった蕎麦を収穫した。今年は蕎麦が風台風で倒されて収穫が全国的に少ないそうだ。年末は蕎麦の価格が上がるとニュースで言っていた。
うちはせいぜい製粉できる(近くに製粉してくれる老舗の米屋を教えてもらった)下限の5キロも取れれば十分だ。

さて、いよいよ明日から大豆の収穫が始まる。この土日で根っこを切って刈り取り、来週の30日(金)まで乾燥させてから豆用の脱粒機にかけて一気に収穫完了へ。この機械は袋の中に大豆がポンポン入ってくるのだ。ゴミもない状態なので唐箕の役目もしてくれる。米や麦のハーベスタのように優れている。これで時間の短縮になる。しかし、重い機械なので事故のリスクもあるから要注意だ。この機械を借りる順番があるので、今年は大豆の刈り取りが例年より遅れているのだ。そして最期の小麦播種もその影響を受けて遅れている。
e0126861_22382177.jpeg



ところでスチール練習中、以前よりサムピックなどが肌乾燥で抜けそうになることが多くなった。乾燥している季節ということもあるが、加齢による指の水分不足もあるようで、年齢の高いスティーラーはクリームを塗ったり各々工夫をしているようだ。そういう年齢になったのだな。

スチールが今日はいい音していた。そして思った。これからはコピーではなく、昔スチールを始める前に好印象を持っていた音、フレーズを追って行こうと。自分が心地よく楽しくなることが第1なのだ。
そうはいっても自分の音の引き出しの少なさに改めて驚く。もっと勉強しなくては。

.


[PR]
# by blue_jade | 2018-11-23 22:44 | Comments(0)

燻炭作り

モミを燃やして燻炭(くんたん)を作った。この秋の行事は暖かくて心地良い。もともと男は火をいじるのが好きだ。燻炭作りはおおっぴらで出来る「火遊び」だ。
この作業には丸一日かかるが、ずっと火のそばについている。それは火事予防もあるが、僕は煙を一日中見ていても飽きない。
e0126861_19350596.jpeg


焼きながらサツマイモを焼いた。それを近所に配った。配った後に味見したらが美味しく無かった。昨年のシルクスィートは美味しい品種だったが、今年のベニあづまは美味しくない。どうせ配るなら美味しい芋を配りたかったなあ。

.

[PR]
# by blue_jade | 2018-11-21 19:38 | Comments(0)

デッドの曲はヒットしない

今、ペダルスチールの復活リハビリを少しずつ取り組んでいる。その練習曲にカーペンターズの「トップオブザ・ワールド」を選んだ。このカーペンターズのお兄ちゃんのリチャード・カーペンター作曲と学生時代からの親友のジョン・ベティスの作詞が多くの名曲を生んだ。どの曲も耳障りが良く万人に受ける曲だ。

カーペンターズを聴いたあと、最後はもちろんデッドを聴くが「トップオブザ・ワールド」のあとに聴くと流行りそうもないデッドの曲に笑える。この曲を聴いてデッドが好きになるにはハードルが高すぎる。流行らなくて当然だと思った。



.
[PR]
# by blue_jade | 2018-11-18 19:48 | Comments(0)

ディジュリドゥ

ディジュリドゥを愛する人が同じ農業の会にいるようだ。今度お会いしたら音楽について話をしてみようと思う。
そんなわけでディジュリドゥの演奏を聴きながらペダルと合わせて遊んでいたら、けっこうスリリングで面白い若者の演奏にめぐりあたった。中盤から後半がいい。独自の表現で面白い!

僕の周りにもディジュリドゥはずいぶん流行ったが、みんな続けているだろうか?


.
[PR]
# by blue_jade | 2018-11-16 21:13 | Comments(0)
line

徒然日記(音楽、鬱、ペット.介護、etc)


by blue_jade
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite