Four Winds

chinacats.exblog.jp ブログトップ

神丹穂

同じ自然農の仲間の田んぼに色鮮やかな古代米の神丹穂が出穂していました。この古代米は稲の先祖の特徴で背が高いです。今は食用ではないのですが、主に神事などに使われたりします。我が家では正月飾りにしています。
車で走っていても、ハッと目に止まる鮮やかさです。
e0126861_07375128.jpeg


.


[PR]
# by blue_jade | 2018-09-02 07:39 | Comments(0)

稲刈り終了

今日は田んぼの四隅だけ手刈りでバインダーの道を確保するつもりでしたが、どうも明日以降の天気が雨模様だし、今日はもしかして雨は降らないかもしれないと判断して夫婦2人だけで午後から夕方まで頑張って稲刈りを終わらせました。いや〜、本当に疲れました!明日以降は助っ人を頼んでいたのですが丁寧にお断りしました。
e0126861_20265997.jpeg
e0126861_20281798.jpeg


.

[PR]
# by blue_jade | 2018-09-01 20:28 | Comments(0)

台風21号

e0126861_00104557.jpeg
今朝9時から草刈り作業をしたところ、少し具合が悪くなって作業を切り上げました。暑いのは苦手です。もう少し涼しくなったら作業が楽なんですけれど。。


毎日欠かさず見るものがあります。それは地域別の週の天気予報です。ところが最近はその予報が更新される度に変わってしまうのです。

実は昨日までの予報では、どうやら2日の日曜日は雨模様の予報なので晴れマークがある土曜日から稲刈りの準備を始めよう計画を修正したのですが、今、天気予報を見たら土曜日も傘のマークがついていました。

まあ、小雨決行という事で雨の合間にでも稲刈りが出来ればと思います。ハザがけしても台風でずぶ濡れになりますし、きっと倒れるでしょうが仕方ありません。

どうやら私の田んぼの稲刈りが地域で一番早い稲刈りになりそです。土曜日の予備日が日曜日、その予備日も月曜日にとってあります。応援体制も整いました。いよいよ稲刈りです。
e0126861_00110953.png


.



[PR]
# by blue_jade | 2018-08-31 00:13 | Comments(0)

難しい米作り

昨年は9月21日の行った稲刈りだが、今年は9月2日に行うことにした。台風21号が近づく前に稲刈りを という理由もあるが、最大の理由はお米が連日の熱波で白く濁ってしまい同割れを起こしてまっているからだ。同割れ米は精米時にほとんど割れてしまうなど食味も悪くなり品質低下の最たるものだ。

下の写真は先程田んぼから取ってきたお米の水分量を測るために籾摺りして籾を外したところ、写真のようにかなりのお米が砕けてしまった。精米どころか籾摺りの段階でこうなのだから精米したら一体どうなるのだろうか。
e0126861_19562999.jpeg


今年の米作りは完全に失敗してしまった。猛暑に伴う対策がいくつか欠けていたからだ。失敗した理由は分かっているので来年は失敗しないだろうが、やはり悔しい。
e0126861_20024048.jpeg


おまけに大豆の一部は心配していた白絹病が発生して一部の大豆が枯れ出している。この病気は高温多湿の酸性土壌で発生しやすいタチの悪い越冬する病気だ。これ以上 広がらないように根っこの周りの土ごと廃棄するしか方法はない。やはりボカシ肥料や有機石灰などをふんだんに使用しなければ畑作は難しいのだろう。
e0126861_19595387.jpeg


.

[PR]
# by blue_jade | 2018-08-29 20:05 | Comments(0)

Autzen Stadium - University of Oregon on 1993-08-22

e0126861_13311176.jpeg

Grateful Dead Live at Autzen Stadium - University of Oregon on 1993-08-22
https://archive.org/details/gd1993-08-22.schoeps.evans-Leutbecher-townshend.82637.flac16/gd1993-08-22d3t4.48k.flac#

二日目のショウは、前日の8月21日のショウよりも、時間的にも内容的にもたっぷりだった。ぼくはかなり前の方に行って見ていた。そこでぼくの左隣にいたオヤジが不思議にも次から次へと曲を当てるのだ。イントロが始まって当てるのではなく、前の曲が終わったらすぐに予想するのだ。このオヤジもぶっ飛んでいて面白かった。

しかし、ものすごい暑さの中でのショウだった。水鉄砲をかけられるのがあれほど気持ち良かったことはない。僕は会場内で売っていたハーゲンダッツを食べたことを急に今、思い出した。

満足行くショウが終わったあとにオーツェンスタジアムを出るときに撮ったのが、先に載せた写真だ。そのあとユージーン市内の中華料理に行ったら、まわりはデッドヘッズだらけ。店内全員家族の様な楽しさだった。本当に楽しい二日間だった。

翌日の移動日にポートランドからシスコに移動。そして僕がデッドを見る最後になった1993年ショアラインへの3日間へと続くのだった。
e0126861_13372968.jpeg
テーパー席

e0126861_13380482.jpeg
障害者の席



.
[PR]
# by blue_jade | 2018-08-25 13:28 | Comments(0)
line

徒然日記(音楽、鬱、ペット.介護、etc)


by blue_jade
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite