Four Winds

chinacats.exblog.jp ブログトップ

盛り込みから15時間経過

少し固まってきましたが、発熱はいつもより遅い感じで 今のところ慌てることはありません。
e0126861_14435305.jpeg

あと4、5時間経ったら1番手入れをして塊をほぐして平らにします。温度は28度を維持します。

さらに明朝に2番手入れをして温度を26度に維持します。すると緑色の胞子がいっぱい付着して醤油麹の完成になります。そこまで行けば大成功です。

,





[PR]
# by blue_jade | 2018-03-20 14:44 | Comments(0)

醤油作り

3日間の一時帰宅中の母の介護を終えて正直クタクタに疲れました。夜の頻尿で結局一睡も出来ず昼夜逆転の生活でした。
そんな合間をぬって、少量だけれど昨夜から慌てて醤油を作ることにしました。醤油は評判が良く本当に美味しいので仕込む事にしました。

まず大豆を水に浸します。
e0126861_06380397.jpeg


フライパンで炒った小麦をすりこぎで砕きます。この小麦に麹菌を混ぜておきます。
e0126861_06432105.jpeg


茹でた大豆を麹菌が死なない40度以下まで冷まします。ちなみに納豆菌は100度でも生き続けます。醤油や味噌作りには納豆菌は大敵なのです。
e0126861_06563752.jpeg


小麦に麹菌を混ぜて大豆と混ぜ合わせしたら手製の麹室に入れます。(盛り込み)
温度は32度を維持します。
e0126861_06572026.jpeg

これから驚くほど発熱してきます。放っておくと全て納豆菌に侵されて納豆臭がして失敗します。このあとはしばらく目が離せません。

醤油作りは温度管理がもっとも大事なのですが、温度計も無かった昔の日本人はどんなスキルを持っていたのでしょうか?





.



[PR]
# by blue_jade | 2018-03-20 06:37 | Comments(0)

自家製醤油

昨年の2月に仕込んだ醤油を攪拌しようと思って取り出したところ、もう十分に出来上がっているので早速醤油を絞り始めたところです。布で絞ると濁るので自然に滴り落ちるのを一日中待ちます。

今年はバタバタした生活が続いているので醤油も味噌も仕込めなかったのですが、去年仕込んだ分がまだあるので助かりました。残りは3年もの醤油にしようと保管を続けます。

↓もろみ これを絞った液が生醤油。旨味成分がとても豊富です。 長期保存するには70度くらいの湯で30分ほど湯煎しますが、今はせっかくの生醤油を楽しみます。 このもろみも当然美味しいです。
e0126861_20280870.jpeg


↓いただいた神奈川産の新品種米「はるみ」と自家製生醤油。お刺身と卵かけご飯に
e0126861_20300264.jpeg


↓昨年、神奈川産では初の特A米に選ばれた新品種「はるみ」私が作った福岡産「夢つくし」より美味いです。
e0126861_20371102.jpeg


.

[PR]
# by blue_jade | 2018-03-14 20:31 | Comments(0)

震災から7年

あの震災から7年が経ちました。あの震災の後に日本は大きく変わる道を選ぶかと思いきや、現実は何も進まないどころか後戻りの感さえある体たらくの7年でした。

日本の裸の王様夫婦は、国民のための公務員をまるで使用人の様に好き勝手に使い、ある事を無いと言い、都合が悪くなるとトカゲの尻尾を切る。誰にも分かるようなエゲツないやり方が、まるで漫画の様にこの国では進んでいます。

一体何がどうなれば日本は本当に変わるのでしょうか?

.

[PR]
# by blue_jade | 2018-03-11 17:40 | Comments(0)

褥瘡

母がロングショート入所して僅か10日で肛門の少し上の臀部両側に小さい褥瘡ができてしまいました。それも私が発見したのです。
施設では毎日陰部洗浄をしているはずなのに、なぜ気がつかないのでしょう?そして、最初は小さい赤黒い褥瘡だったのですが今週になって大きくなってしまいました。

たまたま昨年、お医者さんのグループで演奏した時に褥瘡を専門にやっているT先生がいたので連絡してみると、母の臀部にできたものは間違いなく褥瘡であり、母が圧迫骨折時に痛くて食事ができず栄養不良になった上、施設に入って寝たきりから急に椅子の生活が長くなったために褥瘡になったと考えられるとのことでした。

施設には椅子の生活をいきなり長くしないように、食事も1人では出来ないので介助してほしいなど要望をいくつも出していたのですが、人手不足で対応が後手に回ったようでした。

T医師には「施設の食事の際に高タンパクな補助食品を与えると良いです」とアドバイスをもらったものの、施設では医師の処方がないものは出来ないとのことで、余計な仕事はしたくない感じでした。

私たち兄弟で話し合った結果、有料のしっかりした施設に変えようと今、動いています。入ってすぐに褥瘡にしてしまうようなところに母を預けるわけにはいきません。

介護というものはいつまでたっても本人はもちろん家族の心労は取れないものです。

.

[PR]
# by blue_jade | 2018-03-09 10:09 | Comments(0)
line

徒然日記(音楽、鬱、ペット.介護、etc)


by blue_jade
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite