Four Winds

chinacats.exblog.jp ブログトップ

話し相手

No Rain No Rainbow music by KONISHIKI

 今日は私の顔がわかるかなあ?と少々心配しながら行ったのですが、ちゃんとわかってくれました。用事を済ませてから再び立ち寄ったのですが、その時、パートナーが母の昔の話を上手に引き出すように質問してくれたために、母は以前と同じようにスラスラと話を始めていました。直近の記憶はなくなっても、昔の強い印象の思い出や出来事はしっかり覚えているものなのですね。15分近くもパートナーに話をしていました。同じ女性なので話しやすかったのかもしれません。
 今日は頭を使う良い方法が見つかりました。でも、明日からみんな仕事なので私が中心に看護や事務作業にあたるようになります。まずは明日は市役所へ。そして火曜日はかかりつけの医院に行って薬をもらってくることなどなど。午後は2時から7時半まで病院での看病。いろいろやることが増えますが、これも勉強。十分に事前の知識は入れましたが、何せはじめてのことなので興味深々のところもあります。そんな感じで社会見学のつもりで役所に行ってこようと思います。鬱の疲れは溜まっていますが、母の役に立つことですから、自己実現ができているようで思ったよりも踏ん張りが利いています。
(鬱で一番辛いのは「お前なんかもう要らない」と言われることです。私の場合は、何かの役に立っているという意識は鬱に勝ちます。)

 今日は母が元気がよかったので、家族に何となく笑みが出て優しい雰囲気の一日でした。「みんな優しい母が好きなのだなあ」とこの年になって恥ずかしながらも思いました。子どもの頃から私たちは母に感情的に叱責されたことは一回もなかったです。

(舌を出すことが多いことから、ある方にパーキンソン系の認知症じゃないか?と言われました。怪我が治ったら今度は認知症の検査をする予定です。)
 
e0126861_20295856.jpg
「ハイハイ、わかりました。わかりました。」 一方こちらは要求度が高くなってきた愛犬です。
[PR]
# by blue_jade | 2008-01-07 01:31 | Comments(0)

休日

All The Things You Are music by Benny Chong

 今日は障害者の集いの打ち合わせがあるため、病院へは行きと帰りに顔を見せるだけ。できるだけ知っている顔を母に毎日見せたほうがいいと言われていますので、病院にはできるだけ通っています。
 今日のお見舞いは東京からきている兄がしてくれることになっているので安心して出かけられます。きれいな病院で看護士さんもとても親切です。病院ではみんな看護士さんがやってくれるので助かります。これを家でやるようになるのですから、やり方を皆で覚えようと必死です。昨日は車椅子の使い方を習いました。私は慣れているので問題ないのですが、兄たちは初めてなので一生懸命でした。
 今後も皆で予定を打ち合わせて、決して無理をしない範囲で介護していくことにしています。私は来週からは行政の窓口に行く予定です。(とにかく早めに動いた方がいいそうです)

 今日はお日様ぽかぽか、気温もとても暖かい日で気持ちがいいです。
e0126861_12371452.jpg
「また留守番なの~?」最近は寂しそうな顔が多くなってしまいました。
 ちなみに嬉しい時の顔は↓です。
e0126861_12553095.jpg

[PR]
# by blue_jade | 2008-01-06 12:29 | Comments(0)

試金石

e0126861_2275931.jpg
 私が帰ると甘える愛犬・・・今月の血液検査、超音波検査でも癌は再発していませんでした。

♪ 世界中の誰よりも

 母を見舞いに行ったら、なんと驚いたことに昨日のあの大手術を覚えてないのです。ところが昼頃、親戚の人たちが来られたときに、母は以前のように「じゅうたんのへりにスリッパがひっかっかって転んじゃったんですよ。」とハッキリ言ってるのを見て、またまた驚いてしまいました。
 看護士さんによれば「入院当初はしばらく認知症が進むでしょう」ということでした。(この状態のときに介護保険の判定員がくれば認定3~4はもらえると言われました。またできるだけ早く福祉課と地域支援センターに行くようにも言われました。)

 母を見ていて思うことは、CARIやJKSKさんの言うように、認知症は悪いことでも何でもないような気がしてきます。認知症には、なんといっていいのかわかりませんが、ある美しさや超越している何かを感じるような気がします。きっと本人にとっては穏やかで平和な世界なのでしょう。
 ちょっとしたことで感情のもつれを引きずり、いつまでもこだわる私たちの方が、はるかに情けないというか・・・。
 
 これから母が家にもどってきたときからが予想がつかない生活が待っていることでしょう。でも、基本的には母の行動を認めてあげる方向で接していきたいとみんなで話し合っています。
 「良い時間をお母さんと過ごしてください」というCARIの言葉を心に深く刻みました。
[PR]
# by blue_jade | 2008-01-05 22:12 | Comments(0)

祈り

e0126861_22223111.jpg

 さきほど病院から戻りました。母の手術は成功に終わりました。このあとは感染症などに気をつけながら、来週の月曜日からリハビリの開始になります。
 皆様の暖かい心からの祈りの力をはじめ、本人のがんばりもあって、チタンの股関節を無事に入れることができました。本当にありがとうございます。母もさぞ恐かっただろうと思いますが、よくがんばったと思います。
 
 また、入院で進んだ認知症を少し戻すには、「退院したら元の家に戻るのが一番です」というアドバイスを病院内の相談室で受けました。もし期待通りに元気になってくれれば、できるだけ自分の家に少しでも長く住んで欲しいと思います。そのための改造する場所などを点検することになりました。

 とにかく来週一週間以降のリハビリをみれば、将来の回復度がわかると医師は言っていましたので、その医師の所見を書いてもらい役所に行くことになりそうです。

 今日の手術は無事何事もなく終わったので、今は少し肩の荷が下りた感じがすると同時に、久しぶりに満ち足りた気持ちになっています。みなさま、本当にありがとうございました。

 今日は久しぶりにデッド・サウンドで行きましょう!
1.playin'>
2.jam>
3.GDTRFB
4.L.A. FADE
music by Tokyo Warlocks
[PR]
# by blue_jade | 2008-01-04 21:18 | Comments(4)

かまって~

 麻酔科の医師の話を聞いてきました。明日の手術には脊柱の中に注射針をさして、下半身だけ麻酔をかけるのだそうです。つまり大腿骨を電気ノコギリで切る音などは全て母の耳にはハッキリ聞こえる状態で手術が行われるそうです。全身麻酔だと思っていたのですが、下半身のみの麻酔も何だか恐いなあと正直思いました。入院も手術も初めての母にはかなりショックなことだと思ったので、詳しく母には説明できませんでした。でも、なんとか乗りきって欲しいと思います。がんばれ、母さん!

 私たちが病院に行ってることが多く、留守になることが多いので愛犬をかまってあげられないためか、最近は帰宅してもこんな顔↓になっていて少々不機嫌な愛犬です。
 「こっちも母のことと自分の病気との折り合いで、エッジぎりぎりでやってるんだから勘弁してよね」と思うのですが、ワンコには通じませんね。一段落したら富士山に行って雪遊びでもさせてあげましょう。
e0126861_18123134.jpg
♪Arigatou by Cari
[PR]
# by blue_jade | 2008-01-03 21:42 | Comments(12)
line

徒然日記(音楽、鬱、ペット.介護、etc)


by blue_jade
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite