Four Winds

chinacats.exblog.jp ブログトップ

暖かな日ざしの中で


e0126861_11365782.jpg

[PR]
# by blue_jade | 2008-02-17 11:29 | Comments(0)

防音と準備

 午前中、無料で外にもれる音を計測してくれるサービスをしてもらった。(今、カワイのサービス期間でPSGは資料がないので計測してくれたのだ。)PSG(E9th)は低音が少ないので外は50デシベルだった。人の普通の会話で40デシベルというので、それほど横と家の前側の外には漏れてないことがわかった。一番音が大きくもれていたのは後ろの家方面で80デシベルだった。
 防音ルームは各音楽メーカーで売っているが、防音ルームが小さいために音が回りすぎて演奏者にとっては相当うるさくなるらしい。
 まだ、何も決めてないが、もう少し大きめな音でペダルを弾きたいと思った。そして自分のペダルの音がどのくらい外に漏れているか知りたかったのでサービスしてもらったというわけ。ドラムやジャンベなどは防音ルームには適さず、最初から断られるそうだ。
e0126861_1465030.jpg
マウナケアの雪景色 photo by malu

 その後は来週の水曜日からはじまる母のデイケアにあわせて、準備するものを買い物をしたあとにリハビリのトレーニング。今日も隣のおじさんが「がんばれ!」と応援してくれた。母も答えてがんばる力が出てくるらしい。外での歩行練習をやりたがる。寒いから今日も家の中で歩こうと言ったのだけど、外に行くというのだ。そして25メートルくらいの距離をを2往復もしたのだ。(歩行器を使っての距離) どんどん距離が伸びている。それも声はかけているものの、顔があがってきて姿勢もよくなってきている。驚くほどの進歩だし、わずかな期間によくなっている母を見て、ケアマネも見て驚いていた。しかし、足(ひざ)が特に固くなってひざも曲がってしまっている。だからひざは初めと最後にマッサージしているのだが、もう少しPTのしている意味とかポリシーをしりたいです。どなたか知っていたら教えてください。いい本など読めればと思います。自分の考えがあっているかどうか、入院したPTと仲良くなったので教えてもらおうと思います。でも母の状態は悪くなっていないし、よくなっているから、そう間違ってはいないと思うのですが・・。

今夜はカントリー・ミュージックで。
[PR]
# by blue_jade | 2008-02-16 19:34 | Comments(0)

なんとなく忙しかった

 今日、認定通知が届いた。要介護度2だった。最近、私の町は認定が厳しくなっているということと、役所に出した医師の所見の中には認知症の事がまったく書かれていないようだったので、ある程度予想していた数字だった。でも手が届く数字だろうと前から思っていたので一安心した。包括センターの人は「要支援」かも等と言うので、正当に判断してほしいと願っていた。
 医師の書面では「杖をついて歩けることが最終目的」と書いてあったようだが、少なくとも私は杖なしで歩けることを目指している。
 
 午後はデイケア先の方とケア・マネージャーを交えての情報交換や各種書面のサインなどや、住宅改修箇所の写真撮影とそれを市役所に持っていく仕事を頼まれた。「ケアマネの仕事じゃないのかな?」とちょっと思ったが、勉強になるし、この際、すべての仕組みを知りたいと思いもあって引き受けた。そんな感じで何だか気ぜわしい午後だった。
 でも今日嬉しかったことは、母がケアマネの前で歩行器で歩く様子を見せたのだが、歩行器を使った交互歩行があまりに良くなっているので驚いていたことだった。毎日のリハビリは本当に大切だと思った。デイケアでのリハビリは週に二日しかないので、その他の日にも毎日欠かさずリハビリを続けようと思った。

 明日はなんと児童相談所の所長との面接だ。休みなのにご苦労様です。私たちはボランティアで三日里親(虐待やネグレクトによる緊急時の子どもの保護)をやっているのですが、時々こうして面接があります。(私たちは夫婦別姓なのですが県知事の許可証があります)今回の母の入院騒ぎで、お正月に施設から帰るところがない高校生と小学生を預かる予定だったのですが、ドタキャンしてしまいました。あとで施設の職員に聞いたら、小学生の子がずっと泣いてたらしいです。かわいそうなことをしてしまった。今度、時間が取れたらロマンスカーの先頭車両にでも乗せてあげようかと思っています。

 ところで鬱病の場合、こんなふうに毎日いろんな人に会うのは結構疲れるのですが、さすがに自分でも慣れてきたかな? 朝の不安感、動悸、疲れやすさ、人と話す億劫さなど時々噴出するけれど、兄は東京だし、次兄はヘルニアで母を支えることができないし、結局、私が外部の仕事、母のリハビリ、各種の連絡などをやっている。でも次兄が毎朝、健康的な朝ご飯を母に作ってくれているし、夜も一緒にいるので安心なので助かっています。
e0126861_1152912.jpg


 自分では回復に向っていると思っている鬱病も、もう薬は二年以上も毎日飲み続けているし、薬をやめても大丈夫か?という不安もあるし、最近、知らず知らずにたまっていたのかもしれなけど、今朝の書き込みのように、励ましの文などを目にしたり、言われたりすると、一気にたまっていたものが噴出すときがあります。人前でもどこでも噴出してしまう・・・。それもひとつの良い浄化なのだと思いますが・・。
 
 本当にちょっとした励ましの言葉などに反応してしまう。ちょっとしたことで涙が止まらなくなる、鬱病の初期に頻繁にあったことでした。この病気のポジティブな面(やさしい、しょうじき、どうじょうしん、感性の豊かさ)などが多く出る時期が鬱の初期には多くありました。(すべて私の鬱の場合です。人によって異なると思います。)
 以前よりは少し余裕ができてきたかもしれません。母のことが取り合えず軌道に乗ったからかもしれません。

 ちょっと長くなりました。 ではグッドナイ。
今日のような気ぜわしい日の夜はハワイアンでクールダウン・・・。
[PR]
# by blue_jade | 2008-02-16 00:26 | Comments(0)

なんとなく しあわせ

 
e0126861_2239660.jpg

 14日はバレンタインデーだったのでパートナーに↓下のページを捧げました。彼女は最近では鬱友からも「師匠」と呼ばれています。困難なときも彼女の安定した明るさがどれだけ皆の心を照らしたかわかりません。感謝の気持ちをこめて作ったバーチャル花束とカーペンターズの歌でした。とても喜んでくれました。

 さて、今日はいつもよりも忙しくなく施設からの電話や、明日の理学療法士(PT)とケアマネジャーと私との打ち合わせの準備だけですみました。母が救急車で入院した病院の理学療法士のやり方を許可を取ってビデオ録画してあったので、そのビデオを来週から通う予定のデイケア先の理学療法士に見せてよいか許可をいただきました。OKが出たのでCDに焼きました。たまたま施設の理学療法士も しばらくは前の病院でのやり方でリハビリする予定だったそうです。 少しでも参考になればいいんですけど。
 
 そんな合間をぬって、PSG,1時間弾きました。いい音です。もっと大きな音でたくさん弾きたいです。まだ、まともに一曲も弾けないのですが、好きな演奏にあわせて弾くと気持ちよくてたまりません。少しずつMullen PSGと仲良くなっていくのがわかります。
[PR]
# by blue_jade | 2008-02-15 00:00 | Comments(2)

晴天

 昨日は冷え込みました。寒かったですね。その代わり朝から晴天で愛犬は外でひなたぼっこしています。今日は母のところには行きますが、今週初めて介護関係の人と会わない日です。The 気楽日です。
e0126861_10372126.jpg
天にも昇るようなこの気持ち こんな気持ちになったのははじめてよ
私が見るものすべてには驚きが満ちているの 空にはひとかけらの雲もなく
私の目に映るのは太陽の輝きだけ もしこれが夢だとしても私は驚きはしないわ
こうしてほしいとおもっていることすべてが 今、私のために現実となっている
その理由(わけ)ははっきりしているの なぜって?あなたがそばにいるからよ
これまで出会った最高の人よ あなたは 神様の創造物を眺めるほど今、世界の頂上に私はいるの この気持ちをどういったらいいの
あなたを見てからわき起こる この気持ちは愛なのかしら
あなたの愛 まるで天にも昇る気持ち 風の精が私のこの気持ちを知って教えてくれた 同じものは1つもない たとえ木の葉ゆらめき、肌に触れるそよ風 私にはすべてが新鮮で心地よい歓び 心に浮かぶ願いはただ1つだけ
今日の日が終わりを告げるとき、私が望むのは 明日も私とあなたが同じ一日を過ごせること あなたが居てくれさえすれば、それで私は幸せ

[PR]
# by blue_jade | 2008-02-14 10:30 | Comments(0)
line

徒然日記(音楽、鬱、ペット.介護、etc)


by blue_jade
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite